「ママがする自閉症児の家庭療育」

HACプログラムは全部で15

(題字と表紙絵:高畑早苗

「ママがする自閉症児の家庭療育」(2001年10月初版※図は2005年版/個人出版/1800円)は自閉症児を持つママのためのご家庭でする課題プログラム(HACプログラム)について書いたマニュアルです。HACプログラムでは自閉症幼児の課題として「ママの声に耳を傾ける」を重要と考え、そのためにはむしろ専門家によるトレーニングよりも「ママがする」のが最も適切と考えたプログラムです。

第1は「選択的注意」でママとの楽しい遊びをするプログラム、追いかけっこやいないいないばー、こどもと同じ声を出す、など6課題、第2に「共同注意」でママの指差したところを見る、という目的で、洗濯物を受け取る、野菜をかごに入れる、スーパーで商品を取ってかごに入れる、牛乳を拭くなど6課題、3つを加え全15の課題で構成されています。このプログラムは獨協医大小児科発達外来で15年ほど前から実施され現在の形になりました。

※2012/13年版を発刊いたしました。(2012.08.17)
※2012/13年版は完売いたしました。(2013.11.04)

ご希望の方はHACの会宛お手紙またはメール)でご連絡下さい。

目次

HAC通信

「HAC通信」(2001年12月発行※05年9月第42号/購読料:半年800円)は「ママがする自閉症児の家庭療育」の補足版といえるものでほぼ月刊で発行してます。主な内容はHACプログラムを実施したママの記録やスタッフからの記事です。

最近の発行
・133号: 2013.10.30 / 2013年中間テスト結果(ママレポート)・公開講座感想ほか

ご希望の方はHACの会宛お手紙またはメール()でご連絡下さい。

青山こどもの発達とこころのクリニック

※ 2016年4月11日に終了しました。

HACプログラムを治療の軸にしたクリニックを2009年5月にオープンしました。
2009年12月にキッチンを併設し、HACプログラムB,C課題を実施します。

HACの会

代表
海野 健
日本小児科学会専門医/小児科学会東京地方会
連絡先
〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15-1402「HACの会」
TEL: 03-3478-1406
e-mail : 
※「HACの会」は正式には「自閉症家庭療育の会」ですが、手紙や郵便振替で「自閉症」の病名記入に抵抗がある、とのご意見をいただき、略称にしています。
郵便振替口座番号
※発行物の代金は後払いです
・「HACの会」赤坂郵便局 00180-2-53604
・ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座0053604「エイチエーシーノカイ」